目黒・不動前の美容室、美容院【noTice】» ブログ » 美容コラム

FAKE note店内写真

TEL 03-3779-0035

「お客様の笑顔」が
ノーティスの願いです。

OPEN

11:00 - 20:00
(カット最終受付20:00)

10:00 - 20:00 (土)
(カット最終受付20:00)

10:00 -19:00(日・祝)
(カット最終受付19:00)

定休日:火曜日

ADRESS

東京都品川区西五反田5-1-20 アスペンプラザ204号

東急目黒線不動前駅の改札を 出て右手前方の赤レンガのビルにサロンはあります。
ビルの階段を上がり右の奥がnoTiceです。

詳しくはこちら

髪質改善

インスタグラムはこちら

FaceBookをチェック

LOUVREDO取扱い店

マンガで紹介!

ケーブルテレビ品川が放送する「あの店この店おじゃまします」にてnoTiceが紹介されました。

BLOG CATEGORY

Monthly Archives

BLOG

noTiceスタッフがお届けする店舗ブログです。

美容コラムの最近のブログ記事

夏のケアと秋の抜け毛の関係

   投稿日: 2015/08/27    投稿者:美容コラム

秋は抜け毛の多い季節と言われていますが、それはなぜかご存知でしょうか。夏は皮脂が大量に分泌され、それが過酸化脂質となって毛穴をふさいでしまいます。また、頭皮は夏に強い日差しでダメージを受け、エアコンに当たり過ぎることで血行が悪くなります。さらに、多くの人は夏に食欲が落ちるため、きちんとした食事を摂れずに栄養不足になってしまう事も...また、急な秋の抜け毛が始まったら、放って...続きを読む

毛髪の表面積

   投稿日: 2015/08/25    投稿者:美容コラム

毛髪の表面積についてご紹介させていただきます。日本人の平均本数は、人によって異なりますが、おおよそ10~12万本といわれています。密度は約150本/c㎡ 少ない人100~130本/c㎡ 多い人200本以上/c㎡ です。また、毛髪の生えている面積は650~750c㎡ です。表面積にして、肩までの長さの髪ですと、畳約2枚分になります!一般の方がトリートメントを髪全体に行き渡らせるのは至難の業です。だか...続きを読む

毛髪の強度

   投稿日: 2015/08/23    投稿者:美容コラム

毛髪強度とは、毛髪の両端を引っ張り、切断された時の強度をいいます。一般的には、強度は髪の毛一本で100~150gです。人間一人の毛髪を束ねた場合の強度は10tの引張に耐えることが出来ます。しかし、髪が濡れている時は強度が低下し、乾燥時の約1/2程度となってしまいます。パーマ剤1剤が作用した還元状態で軟化した場合は、約1/4~1/5。ウェット状態でのケアが重要なことがおわかりいただけると思います。【...続きを読む

グルタミン酸の作り方

   投稿日: 2015/08/21    投稿者:美容コラム

髪が濡れるだけで抜け出てしまうとも言われているグルタミン酸は髪にとってとても重要な成分です。アイケアシャンプーの代表的界面活性剤成分である、ココイルグルタミン酸TEA またはココイルグルタミン酸ナトリウムの 素材と作り方をご紹介させていただきます。まず、ヤシ油です。ココヤシの果実の種子を圧搾して抽出した油(ヤシ油)を原料としたものをココイルまたはコカミドと呼びます。シャンプーにはコカミド MEA...続きを読む

毛髪と摩擦の関係について

   投稿日: 2015/08/19    投稿者:美容コラム

実は摩擦が毛髪のダメージと非常に関係している事をご存知でしょうか。パーマやカラーによりダメージを受けた毛髪でもどのデイリーケア製品を選ぶかによって、ダメージがより進行する場合と、健康毛に近い状態にまで補修される場合があることが明らかになっています。これは、製品に配合される補修成分の違いや感触の違いによるものです。毛髪のダメージを進行させる大きな要因の一つとして、ウェット時の毛髪の滑りが考えられます...続きを読む

シリコン、ノンシリコンについて

   投稿日: 2015/08/17    投稿者:美容コラム

今、インターネットやテレビでシリコンはあまりよくないといわれることが多くなっています。「ノンシリコンだからいい」という記事もインターネット上でよくみかけます。実は使い方と種類を間違わなければ、シリコンはとても有効な成分なのです。 シリコンは毛穴に詰まりもしなければ、皮膚呼吸を止めたりもしません。イメージでいうと、肌をガーゼで覆うような感じです。ガーゼは網網で、隙間があります。シリコンもガーゼ状の構...続きを読む

pHについて

   投稿日: 2015/08/13    投稿者:美容コラム

本日はシャンプーでよく耳にするpHについてご紹介させていただきます。 【pHとは】pHとは、水素イオン指数の略で、アルカリ性や酸性の強さを表します。0から14までの数字で表されます。7が中性で、0に近いほど酸性度が強く、14に近いほどアルカリ性が強くなります。肌、頭皮は弱酸性(pH5.4前後)になります。ですので、同じ弱酸性の製品は肌に優しいのです。アルカリに肌をつけても、肌には「アルカリ中和能」...続きを読む

毛髪の「基本機能」について

   投稿日: 2015/08/10    投稿者:美容コラム

毛髪の基本機能について改めてご紹介させて頂きます。毛髪の役割をご存知でしょうか。・暑さや寒さ、衝撃、摩擦等に対する保護作用・有害(砒素、鉛、水銀等)物質の排泄作用・ファッション、装飾においての重要な役割上記の3点が主な役割であり、更には感覚器官としての役割も兼ね備えています。意外と知られていないのですが、髪の排泄機能はとても重要です。毛髪は有害物質を取り込ませて、やがて脱毛することで不要なものを...続きを読む

ラウレスフリーについて

   投稿日: 2015/07/28    投稿者:美容コラム

今回はシャンプー選びで広まりつつある「ラウレスフリー」についてお話しいたします。近年シャンプーの種類も爆発的に増えている為、インターネットで調べて選ばれる方も多いと思います。その結果、「高級アルコール系」の洗浄剤を主剤として使っているシャンプーは あまり好ましくないのでは?との事から、「オーガニック」「無添加」 そして今回取り上げる「ラウレスフリー」をキーワードとして シャンプーを選ばれる方も増...続きを読む

シャンプーとパーマの持ちの関係について

   投稿日: 2015/07/22    投稿者:美容コラム

シャンプーとパーマの持ちは深く関係しています。 パーマのダレを引き起こす原因はシャンプーに用いられている活性剤の種類だけでなく、洗髪時の引っかかりに起因する引張り圧なども挙げられます。 市販品のシャンプーは、洗浄力の強いラウレス硫酸系またはラウリル硫酸系の界面活性剤を 使用することが多いため、毛髪のタンパク質の結合部位が切断され、 タンパク質の性質が変わるなどの弊害を引...続きを読む

TOPへ